2012 J2クラブ戦力分析(ガイナーレ鳥取)


ガイナーレ鳥取

昨季J初参入し、序盤5位にまで順位を上げることはあったが中盤以降連敗が続き
19位という結果に終わった。
今年はJFLへの降格もあり、悠長なことは言っていられない。
未知数ではあるがコスタリカ代表を2人獲得し、期待値も非常に大きい。
あとは新監督の吉澤監督が上手く使いこなせるかどうかにかかっている。

・昨年の成績:19位(J2) 得点36・失点60 天皇杯3回戦敗退

PSM成績
2.5 △1-1高知大
2.8 ●2-4カマタマーレ讃岐
2.10○3-2同志社大
2.12●1-5東京V
2.14△0-0びわこ成蹊大
2.17○3-2関西大
2.18○1-0岡山
2.26○4-3岡山

・監督:吉澤英生(3年目)
昨季まで松本を率いていたりとJFLでの実績はあるがJは今年初めての経験。
コスタリカ代表という未知数な戦力を抱えるなど1年目にしてデリケートな
チーム作りが求められる。
好不調の大きかったちチームを安定させるのも大きなテーマの1つだ。

・移籍
新人の2人を除いて獲得で切ったのは柳楽、紀氏、コスタリカ代表の2人。
紀氏はGKで実質、柳楽のみが計算できる即戦力。
やはり鍵を握るのはコスタリカ代表のK・クニンガムとR・スミスか。

IN

GK 紀氏隆秀(神戸)
   杉本拓也(日本大)
DF 柳楽智和(FC東京)
   ロイ・スミス(オリオン)
MF 熊澤圭佑(中央大)
FW ケニ・クニンガム(サン・カルロス)
   

OUT

GK 多田大介(岐阜)
DF 喜多靖(引退)
   富山達行(引退)
MF 服部年宏(岐阜)
   ジョン・ドンホ(未定)
FW 梅田直哉(岐阜)
   藤田祥史(千葉)
   阿倍祐太郎(引退)
   ハメド(未定)


・予想フォーメーション
tottori2012.jpg 
クニンガムは2トップの一角、R・スミスはCBの控えという位置になりそう。
攻撃の中心は元甲府の美尾。
美尾→クニンガムというホットラインで早期に得点パターンを確立したい。


・キーマン
美尾敦
昨季は草津戦でハットトリックをするなど5得点と得点能力の向上も目立った。
今年は裏への飛び出しが得意な助っ人が加入し本来のパスも大いに活きるはず。
そのためにも昨シーズンのような怪我での離脱は絶対に避けたいところ。


鳥取サポを含めJサポのブログは↓こちらから
     にほんブログ村 サッカーブログ           


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
2012 J2クラブ戦力分析(FC岐阜) | Home | 2012 J2クラブ戦力分析(横浜FC)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する