【2017 J1 第7節:新潟戦】立場逆転



大きくわけて二つの課題があったと思う。
一つ目は、相手のやりたいゲームをさせてしまったこと。
そして、二つ目はそういう展開になってもひっくり返せる策、力がなかったこと。

前者に関しては特にCKの対応もあるが相手の出だしの速さとシンプルに裏に狙ってくる攻撃に押されてしまって
試合開始から受身にならざるを得ない展開にしてしまったことも問題にあげたい。

その中で自分達のミスから、相手にボールを渡してさらに圧力を受けるシーンがあるので
そこはシンプルに動かしてまずは相手の勢いを削ぐことを考えていくべきだろう。



後者の課題に関しては吉田体制になりボールを持つことにも少しずつチャレンジしてるとはいえ
甲府のように守備をかためてくる相手を攻略するほどのレベルまでは至っていないし
これは一朝一夕でどうにかなるものでもない。

ただ、スペースを消してくる相手に対して
足元でのプレーが多く、守備ブロックの外で回してるだけだったり
サイドに活路を求めすぎて中に人がいなかったりと
もう少し、ゴールを意識してプレーしないとシュートチャンスは増えないだろう。


それでも昨年よりは主体的にボールを持つことに関して苦にしてないような印象を受けるので
そこはポジティブに捉えて今後の成長に期待したい。




関連記事
【2017 J1 第8節:C大阪戦】なんとかドロー | Home | 【2017 J1 第6節:川崎戦】ドロー

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する