【2017 J1 第9節:神戸戦】ウノゼロ


今日も守備の時間が多く、苦しい苦しい試合でした。

特に兵働の周辺で神戸の大森に対するマークが曖昧になり、その対応に苦労してましたが
吉田監督も前半途中から532→541へのシステム変更を決断し、それが巧を奏しました。

疲労を考慮したのか早めの交代策も良い判断だったと思いますし、
ドゥドゥを投入してからカウンターの脅威も増しました。

出来ればもう少しボールを握る時間だったり、意図的にチャンスをつくる回数を増やしたいところですが
前半は特に守備ではまらない時間があったりもして、攻撃に出て行く意識まで持てなかったように感じます。

あと、キックオフ直後から受身になって相手に流れが行くような試合が続いているのでそこは気になるところです。

関連記事
【2017 J1 第10節:磐田戦】決めきれず | Home | 【2017 J1 第8節:C大阪戦】なんとかドロー

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する