【2017 J1 第10節:磐田戦】決めきれず


磐田のプレスがあまりなくてそこそこポゼッションでき、
なおかつ途中から数的有利な状況になり
完全に甲府がボールを握れる試合展開になりましたが
河本やドゥドゥが裏を狙って直線的に
ゴールに向かっていくほうが得点のにおいは感じました。

数的優位になってから失点するリスクがほとんどなくなったので
必ずしもアドバンテージにならなかったとは言いませんが
狭いスペースでの技術が求められるようになって
結果、そこの部分のミスが目立ったのも事実です。

こういうことは今年のチームに限ったことではないので
ここ数年来の課題といえば課題ですけど
それでも数的同数の時間帯も内容的には甲府のペースでしたし
守備は抜群の安定感がありましたのでそこは自信をもっていい部分だと思います。


関連記事
【2017 J1 第11節:横浜M戦】次へのステップ | Home | 【2017 J1 第9節:神戸戦】ウノゼロ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する