【2017 J1 第11節:横浜M戦】次へのステップ



立ち上がりは甲府のペース。
スペースを消しながらマリノスの両翼にはタイトにマークしてまずは守備でオーガナイズ。
攻撃も決定機とまではいかないがシンプルに前線にボールを運んでフィニッシュするカタチがつくれていた。

ただ、審判のジャッジの傾向がいつもより異なっており、
前半中盤からそれをうまく利用したマリノスにセットプレーからチャンスをつくられ
オフサイドになり助かった場面もあったが結局、前半終了間際に失点。

良いペースで試合に入れただけにもったいない前半になってしまった。

まあ甲府としてはジャッジという不確定要素はあったものの
セットプレーからの失点は多いだけにそこはしっかり課題として捉えて修正していきたい。


それでも後半も嫌な流れを引きずることなく、甲府のペースで始まる。

やることに大きな変化はなかったと思うがゴール前に入っていくシーンが増え
ドゥドゥへの明らかな誤審だけではなく、田中、ウイルソン、小椋がエリア内で決定機を迎えられる
シーンが続いたが惜しくも得点に至らず。

終盤にカウンターからあわやというシーンはつくられたものの
後半はほぼほぼ甲府が主導権を握っていただけになんとか点をとって勝ち点に繋げたかった。


神戸戦のように攻撃の選択肢がカウンター以外ないような試合では致し方ないが
磐田戦しかり、今日の試合しかり、(ポゼッション出来ているということではないが)
ある程度、主導権握れていて甲府の流れになっているときに点がとりきれていない。

守備で我慢しつつワンチャンスを狙うという試合から普通に対等にやれている試合が増えるにつれ
カウンター以外の選択肢がテーブルに置けるような試合が増えつつある。

「崩しきろうなんて思ってない」という吉田監督の言葉もあった通り
基本的なスタンスは変わらないと思うし、変える必要もないと思うが
強くなってきているからこそ、みえてきた壁もある。

フラストレーションの溜まる試合だったかもしれないが
”次へのステップは着実に近づいている”
そんな感想が持てる、次につながる試合だったと思う。
関連記事
【2017 J1 第12節:広島戦】ナイトゲームでお願いします | Home | 【2017 J1 第10節:磐田戦】決めきれず

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する