【2017 J1 第12節:広島戦】ナイトゲームでお願いします


序盤は甲府のペースで点もいい時間帯に取れて今日はいけるかな・・・・
なんて暑い日差しを浴びながら短絡的に思っていたがあれよ、あれよといつのまにか広島ペース。
2点目をとりにいくほどたたみ掛ける姿勢もなければ守備に徹して省エネするわけでもなくて
ただ、ただ集中力がなくなって前半のうちにあっさり同点に追いつかれる。

左サイドは攻撃に特徴ある選手が多いから、対面する相手のサイドが攻撃的だと
どうしても守備で分が悪くなるのは致し方ないが結構崩されてましたね。

ちなみに流れの中からの失点は浦和戦の4失点に鹿島、セレッソ戦のそれぞ1点。
半分近くはセットプレーでの失点なので(まあ今日も失点していたが)こちらの方も問題といえば問題。
とはいえ、開幕戦から甲府のバイタルは空きやすいと
ツイッターなどで指摘する人も結構いたのでこちらの課題も気になる。

また、ブラジル人2トップが攻守においてどうなのかという疑問もある。
特にインサイドの選手がサイドのヘルプに出たとき、兵働周辺のスペースが空きがち。
兵働自身も守備に持ち味があるわけではないので1人でカバーするのが困難な上に
CBが前に出て迎撃することもあるが出過ぎてもリスクあるのでなかなか穴を埋めきれない。

河本や堀米どちらかが先発で使われていた時は中盤に下りてきてサポートしてたので
後ろの負担を和らげていたがブラジル人2トップの場合はそこまでのものを望めない。

個人の攻撃力で相対的なリスクの相殺をしてくればいいがそこまでの力も見れないし
今のFW陣で磐石の結果を残してる組み合わせとも言い難い。

戻りながらでもいいので最低限、相手の中盤にけん制をかけるくらいの役割をFWに持たせるか、
守備力のある島川をアンカーにおいてバイタルの守備力を上げるか、
小椋と田中のポジションを入れ替えて左右でバランスをとるか。

方法はいろいろありそうだが守備に不安のある左サイドからバイタルにかかるスペースをどうカバーするか、
そこは課題として改めて浮き彫りになった。

さらに、ボールを持たされる展開になったときの遅攻の精度の低さも相変わらず。
割り切って甲府にボールを持たせてくるチームはまだ少ないかもしれないが
決定力がないとかそういう以前の話のレベルなのでなかなか解決がそう簡単にはされそうにない。



※暑い
30度超える気温でのデーゲームははっきりいって真夏のナイトゲームよりきつい。
真面目に時間の要望出したほうがいいんじゃないですかね。
体が慣れてないこの時期は観る方もリスク高いですよ。
関連記事
| Home | 【2017 J1 第11節:横浜M戦】次へのステップ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する