【2017 J1 第13節:F東京戦】抜擢


いきなりの失点でしかもセットプレー。
幸先どうなることかと思いやられたが終わってみれば
十分、勝つチャンスもあった試合が出来たのでそこはまず良かった。

ただ、前半は特にボールを持たされるような展開が続き、なかなかチャンスを作れずに苦しんだ。
相手のミスで同点できたのは良かったが意図してシュートシーンを作れた回数は少なかった。
(セットプレーでの失点の多さは課題だが)
守備は安定しているし、十分互角にやれている試合は増えつつあるので
遅攻になった時でも点が取れるようになればもっと勝ち点3は近づいてくる。


※初先発の2人
まず、ルヴァンカップで安定したプレーを見せていた島川。
兵働ほど攻撃での貢献度は少ないかもしれないが
シンプルにボールをはたいていくビルドアップは安定している。
守備での強さは島川の方が上。
アンカーとインサイドにどういうタイプを組み合わせていくかは監督次第だが選択肢が増えることはいいこと。
新しい競争も生まれて良いサイクルになると思う。


小出に関してはかなりサプライズ的な抜擢だったかもしれないが
ルヴァンカップで出場時間を増やしていってた道渕、曽根田に遅れることなく、存在感を示せたと思う。
WBが適正かどうかはやや疑問だがCBでもわりかし、器用そうな選手なので今後も出番はありそう。
どんな選手に成長していくかはまだ分からないがこれからが楽しみな選手。

関連記事
【2017 J1 第14節:仙台戦】ワースト | Home | 【2017 J1 第12節:広島戦】ナイトゲームでお願いします

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する