【2017 J1 第14節:仙台戦】ワースト


いろいろ悪い所が出ましたが一番の想定外は守備で全くはまらなかったことですかね。

1トップのクリスランと山本のマッチアップが完全にミスマッチになっていて
逆サイドのシャドーがダイアゴナルで裏に飛び出してくる動きに対しても誰がマークをつくのかはっきりせず
インターセプトを狙うことが多い迎撃型のCBである山本と新井の弱点を上手く付いてくる仙台の攻撃でした。

1トップ2シャドーを3バックの数的同数でみさせるにはリスクが高いマッチアップだったし
かといって5バックでみると高精度のクロスをいれてくる特に相手の左サイドのプレスが遅れる。

どう対応していいのか混乱してたように思いますし
ラフプレーとは無縁の阿部翔平が304試合で初めて一発レッドをもらったくらいですから
正常な判断が出来ない状況でプレーを続けていたと想像します。
(間違ってたらすみません。)



強いて収穫をあげるとするなら
ポゼッションも徐々に上がる試合、対等にやれる試合が増えていく一方
あまり結果が出ずに逆にこういう内容で完敗したことこに意味を見出さないといけない。

出来なかったことを出来るように課題に取り組むことは間違いではないし、何かを変えろとも思わないが
やはり安定した守備があってこそのチームなのでそこは絶対に外してはいけない。



関連記事
【2017 J1 第15節:柏戦】実りあるドロー | Home | 【2017 J1 第13節:F東京戦】抜擢

コメント

初めまして。ガッピルログさんの以前のミランのブログは楽しみに楽しく拝読させてもらってました。オーナーが変わり今夏は積極補強もしていますがこれからまたミランのブログの再開とか予定にはございませんでしょうか??

2017/06/16 (Fri) 16:58 | Ap #- | URL | 編集
No title

コメントありがとうございます。
なかなか時間がとれず、ハイライトやニュースを追っかけるのが精一杯な状況ですので
ブログを書く余裕もなく、現状再開の予定はありません。

2017/06/16 (Fri) 23:07 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する