【2017 J1 第15節:柏戦】実りあるドロー


お互いの選手が死力を尽くしてGKのファインセーブもあって緊張感のある面白いゲームでした。

甲府としてはまず、戦い方が中断前より変わっていて、前からのプレスとカウンターの色が強まった。
吉田監督のもと良くも悪くもポゼッションの傾向が増えつつあったので1回、原点回帰したのか
対柏で準備してきたものなのか、もう少し見てみないとわからないが
どちらにせよ、見事な采配だったと言える。
首位柏相手に真っ向勝負でこれだけインテンシティの高いゲームが出来るのかと思うくらいの驚きだった。

さらに、細かいところを言えば前からいく時は2トップ、後ろで引く時はドゥドゥがサイドにはいって541と
これも柏対策なのかそれとも自分達の都合なのかは分からないが
上手く状況見ながら、大きな乱れもなく、守備のシステムを構築していたと思う。


また、小椋の出場停止などで起用された新井とボザニッチのインサイドも
攻守に渡ってタフに戦えていたし、小椋、田中のポジションを脅かすような出来だった。
さらに最終ラインの畑尾もクリスとの1対1で互角以上に渡り合い、成長の兆しがみえたし
松橋とリマも伊東相手によくおさえてたし、その他にもまだまだあげれば出てくるがそれほど
チームとしてだけでなく個人としても手ごたえが掴める試合だった。

まあ、だからこそ勝ちたかった・・・・。

関連記事
【2017 J1 第16節:清水戦】ノーチャンス | Home | 【2017 J1 第14節:仙台戦】ワースト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する