【2017 J1 第16節:清水戦】ノーチャンス


同じ勝ち点の相手に負けたことも残念だが
全くといっていいほどチャンスが作れない試合内容で
本当にがっかりというか、もう失望しかないような試合だった。


柏戦での戦い方がひとつ光明になると思ったが今日の試合を見る限り
あれは柏対策で準備したものでそれを続けようとする意志はなかったようだ。

もちろん、対戦相手が違うので今日の試合でも、はまるかどうかはやってみないと分からないが
それでも甲府の選手の特徴やチーム力を考えたときに
やはり、柏戦でみせたようなハードワークと早い攻めを軸にした方がいいパフォーマンスを出せる。

今日の試合のようにただ足元でつないでるだけで全く相手の守備ブロックにズレをつくれない。
ズレをつくれないでアタッキングサードにはいっていくから相手も余裕もって対応できる。
リマが後ろから上がってきてドリブルで抜くくらいしか相手に脅威をあたえられなかった。

ポゼッションに課題があるのは間違いないがあんな試合を見せられるようでは
カウンターやロングボールに徹したくれたほうがまだ負けても納得できる。


関連記事
【2017 J1 第17節:鳥栖戦】今年も8試合未勝利 | Home | 【2017 J1 第15節:柏戦】実りあるドロー

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する