【2017 J1 第18節:磐田戦】今年は8試合で止まらず

後半の展開を考えるとまず前半の戦い方が間違っていましたね。

磐田の中盤3人、中村俊輔、川辺、ムサエフのビルドアップになかなか対応できず
良い様に動かされて中盤のフィルターが上手くかからなかった。

失点したことも痛いが終始磐田の流れで試合が進んだことで
体力的にも精神的にも甲府の選手はエネルギーを消費したはず。


後半はウイルソンのポジションをシャドー気味にさせて中盤の枚数を増やし
同時にシンプルにボールを動かしながら前から圧力をかけていくことで
こちらがボールを握って反撃する態勢を整えたがいかんせん得点が取れない。

かなり際どいゴール前でのシーンもあったがなかなかラストパスが合わなかったり、慌ててシュート打ったりと
点が取れていない現状(焦り)が如実にプレーにあらわれています。
前節の記事にも書いたが技術的なミスは仕方ないが判断のミスはなんとか早く修正したい。

ただ、松橋の裏へのランニングなど走った選手をしっかり使ってたのは後半良かったポイント。
甲府の場合は足元で丁寧につなごうとしてもどんどん相手のブロックから追い出されて苦しくなるだけなので
まずはロングボールでも良いので陣地を稼いでその次のセカンドボールをとることからゲームを組み立てたほうがいい。
体力的には厳しい時期に入るがリズムが悪くて相手にボールもたれるのもそれはそれで疲労が濃い。
得点力不足であることも含めて前半からリズムが悪くなってビハインドになるのは命となりかねない。



関連記事
【2017 J1 第19節:鹿島戦】中断期間を経ても流れ変わらず | Home | 【2017 J1 第17節:鳥栖戦】今年も8試合未勝利

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する