【2017 J1 第22節:札幌戦】逆転までは至らず

 
最初の失点がもったいなかった。
新井と岡の連携ミスや、オフサイドを取り損ねたってのもあるかもしれないが
その他にも裏に抜けられるシーンが何度かあってピンチを招いていたので
ミスがなくとも他で失点していた可能性はある。

特にラインを高く設定している割には前から中盤のプレスが弱かったのが問題で
1トップにして前線の枚数が減ったことや、ボランチやシャドーのプレスのかけ方が弱かったことも原因。



攻撃の方は札幌も引いてくるタイプのチームなのでアタッキングサードまでは比較的、楽に入れたが
そこからの展開でまあ、チャンスをつくっていた時間もあるが
単純なクロスで逃げてしまったり、足元が多かったりと、まだまだ攻撃に怖さがない。

また、復調気味のウイルソンに対してドゥドゥは相変わらず、バタバタしているというか焦ってるというか
判断もプレーの精度も良くない。
久しぶりの出場だった堀米も存在感なく、早い時間帯で疲労が見られてしまった。

リンスや河本もいるが前線の組み合わせがなかなか固定出来ていないのも悩みの種で
中盤の高野や島川のように控えの選手が下から突き上げてくるのならまだいいが
レギュラーで使ってる選手のパフォーマンスがいまいちで決めかねている状況はよろしくない。

守備から攻撃まで1人で全部やってしまうようなリマの奮闘は感激さえ覚えるが
やはり前線の選手が起爆剤になってもらわないと勝ち点もチームの士気もあがらない。

関連記事
【2017 J1 第23節:広島戦】ただの1敗にならず | Home | 【2017 J1 第21節:浦和戦】底は脱したがまだまだ・・・

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する