【2017 J1 第25節:清水戦】またも直接対決を落とす

 
前節の川崎戦ほど守備に負われる時間は少なかったが速い攻めを軸に試合を展開したのは良かった
ドゥドゥは昨年のような力強さを取り戻しつつあり、初先発のリンスも随所にキレをみせてくれた
この2人の縦の推進力、機動力を生かした直線的な攻撃で前半から、清水ゴールに迫った
結果として得点を奪えず、大事な試合を落としてしまったが甲府としては
ああいった攻撃の方がチャンスが増えるのは間違いない

課題があげるとすればやはり、サイドからの展開
前半特に右サイドの橋爪がフリーでクロスをあげる場面が何回かあったがなかなか決定的なラストパスにならない
やはり、クロスに飛び込むのは2トップや田中なので空中戦で勝負するのは分が悪い
グラウンダーのボールを点であわせるのは難しいがボールを上げてしまうと十中八九クリアされてしまうので
どういったボールをいれるか、そこの判断と精度はもっと突き詰めないと得点力は一向にあがらない


また中盤や3バックの攻撃参加も課題
今日に関してはリマが不在で左サイドは阿部翔平に任せる形となったのは厳しかったが
右のCBに入った新井は何回かドリブルで運んでアクセントになっていた
3バックや中盤で相手を剥がせれば少しでも相手の陣形を崩れてズレをつくりやすくなるし
奪った勢いでボールを運んでラストパスを出せればカウンターにもよりつながる
攻撃面での貢献度が少ない小椋の位置に入れるのも面白そうだが
以前のように新井を3バックの真ん中に置くのは再考の余地あり


あと、少ない時間ではあったが途中から入った山本のアンカーは
セカンドボールの回収もビルドアップの配給も効いていて、良かった
先発でつかうリスクは高いが大黒柱の存在はシーズン終盤に入っていくこれからより重要になると思うので
時間限定になるかもしれないが山本のアンカーは1つの選択になっても良さそうだ


失点に関しては隙があったとはあまり思わないし、頭痛がってる選手がヒールでスルーパス出すとは誰も思えない
運が悪かったというかあれを決めきった清水の選手が素晴らしかった




関連記事
【2017 J1 第26節:鳥栖戦】ついに降格圏 | Home | 【2017 J1 第24節:川崎戦】原点

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する