【2017 J1 第28節:柏戦】元柏の恩返し

 
最近のチーム状態からいけば十分チャンスはあると思っていたが
相手が好調の柏でしかも苦手な日立台。
そういった状況で勝ち点3取れたことは残留争いの面でも大きいし
試合内容、試合展開を考えると勢いにのれる勝ち方だったので
大きな大きな勝利だったと思う。


今の甲府の良さはドゥドゥ、リンスを中心とした攻撃陣の好調さということは言うまでもないが
失点しなければ必ずどこかでゴールがとれて勝てるという自信がチーム全体にあるので戦い方にブレがない。
マリノス戦では2失点してしまったがそれは守備にも良い影響を与えていると思う。


そこで、注目したいのが今日の試合で柏がとられたオフサイドの回数。
試合を観てる間から今日はよくオフサイドとってるなあと感じたが
調べるとJリーグの1試合平均が2~3なので8回という数字は非常に多い。

もちろん、相手が裏を狙わないとこれほどオフサイドはとれないが
それでも5バックでラインがそこまで高くはない甲府のようなチームではなかなか出来ないこと。
ラインを少しでも高くするという意思とそれを実現させる為の連携が出来ている証拠だと思うし
柏がそれほど裏を狙ってもコンパクトな守備が崩れなかったとも言える。

自陣からのパスミスだったり、以前多いセットプレーからの失点は要注意だが
攻守両面でポジティブな循環になりつつあることは間違いないので
これを継続させていければ、最後は良い結果で終われるに違いない。
関連記事
【2017 J1 第29節:F東京戦】3連勝ならず | Home | 【2017 J1 第27節:横浜M戦】結果がついてきた

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する