FC2ブログ

【2017 J1 第30節:C大阪戦】明らかな弱み


いくら、堅い守備組織を構築できていても
こうも簡単にセットプレーから失点しては全く意味がない。

開幕からずっとこの問題は顕在化していたのに一向に改善する気配がない。
失点以外のFKでもオフサイドをとろうとして失敗し、フリーで合わされる場面もあり
流れの中ではみれる集中力や粘りがセットプレーでは垣間見れない。

一点の重みがこれから、ますます大事になってくる、この時期に到底見過すことができない課題。



収穫は高野のワイド、阿部翔平の中盤。
特に高野は突破力、鋭いクロスで見せ場をつくっていたし、阿部翔平の中盤もビルドアップでよく効いていた。
ただ、今日の天候を考えたらある程度、長いボールをDFラインの裏に蹴ってFWを走らせるほうが
処理しにくいピッチコンディションで相手も嫌だったと思うので戦い方としてはもったいなかった。

関連記事
【2017 J1 第31節:神戸戦】どしゃ降り | Home | 【2017 J1 第29節:F東京戦】3連勝ならず

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する