【2017 J1 第31節:神戸戦】どしゃ降り


劣悪なピッチコンディションの割にはドゥドゥの代わりに起用された黒木や両ワイドの大卒ルーキーが
随所に好プレーみせ、内容的にはポジティブな面も多かった。
しかし、結果は無常にも逆転負け。

ほとんどの時間、マイクを試合から消し去っていてもボックス内であのような勝負をされてしまうと防ぐ手段はない。
ただ、マイクが空中戦であのような勝負が出来たのはあの2回だけ。
チームとしてやれることはやっていたと思うがそれを両方決めた勝負強さ、そこの部分で相手が上回った。

たらればを言っても仕方がないが奇しくも今節出場停止だったポドルスキーの方が
まだ甲府としてはやりやすかっただろう。


あと、言及せずにはいられないのは新井のミスからによる失点。
他の選手はわりかしこの雨のピッチに上手く対応していたが一番ミスしちゃいけない
ポジションの選手が対応できていなかった。
得点を取った直後で時間帯も最悪。

ただ、新井はあのような判断ミスからピンチを招く場面は他の試合でも多々見られていたので
それを踏まえた起用をしている監督の責任でもある。

残り試合を考えると変えることにリスクはあるが
空中戦の弱さも含めて考慮するともう少し畑尾が重用されてもいいはずだ。
関連記事
【2017 J1 第32節:新潟戦】OGが最後まで重くのしかかる | Home | 【2017 J1 第30節:C大阪戦】明らかな弱み

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する