FC2ブログ

【2017 J1 第34節:仙台戦】降格

 
いつも以上に気合が入っていた(入りすぎていた?)ことや、アンカーに新井が入ったことで
中盤でのボール奪取からカウンターにつながるシーンが前半から多かった。

ただ、今日の試合内容こそが今季の象徴みたいで
相手が格上でも十分やれているけど、どうやって点取るのかという部分で全然確立できていない。
さらにシーズン序盤、中盤は攻守においてセットプレーでの弱さも目立ち
adタイムでの失点も多く、勝ち点を取りこぼしすぎた。


とはいえ、相手との力関係やリーグ内での立ち位置には
今後もソフトバンクがスポンサーになるなど夢のようなことが起きない限り、
守備的にやらざるを得ないこと変わらないので基本的な方向性は間違っていない。

攻撃が課題なのは疑いようのない事実ではあるがJ2に落ちたからといって攻撃的にやっても
それがJ1で同じことが出来るとも思えない。
吉田監督の続投も決まっているし、そこまで抜本的な改革も必要とも思わない。
(そもそもレベルがあがった今のJ2で甲府がどのようなポジションに位置してるのかも分からない)

それでも、この数年甲府を支えたベテラン勢が軒並み先発から外れるなど
世代交代という面ではかなり進んだシーズンになったし、成長が見える選手もここ近年の中では多かった。
そこの手腕は率直に評価したい。
また、来年、再来年と徐々に甲府ユース出身や山梨にゆかりのある選手が増えていくことは確実な状況なので
そういった選手をJ2で鍛えられるということはポジティブに考えたい。


あとは外国人。
ドゥドゥは手術の影響でコンディション不良が長かったが
リンスとリマの存在は絶大で代えがきかない。

育成やチームの熟成を図りながら結果を出すには外国人の力は不可欠。
そこはJ2でも同じだと思うので全力で慰留に努めてもらいたい。




関連記事
暖冬 | Home | 【2017 J1 第33節:大宮戦】結末は最終戦へ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する