2012 J2クラブ戦力分析(ヴァンフォーレ甲府)

やっと、ここまで来ました。
今日の甲府が最後です。
うん、疲れた(o´Д`)=з 

これから22チーム覚えるの大変だな。



ヴァンフォーレ甲府
昨季の降格から大きく変革を迎えた2012年。
城福監督を迎え戦力も大幅に入れ替わった、
スローガンの「原点からの挑戦」というように改めて甲府というクラブ、甲府にしかできない
サッカー模索する1年。
目標はJ1復帰だがあくまでもそれは通過点に過ぎない。
偽りの強さではなく本当の強さがなければJ1のビッククラブとは対等に戦えない。
まずはその確固たる強さを作り上げることが今年の最大の目標。

・昨年の成績:16位(J1) 得点42・失点63 天皇杯3回戦敗退

PSM成績
2.4 △2-2松本
2.9 〇3-2岡山
2.11○4-1京都
2.14●3-6C大阪
2.15△2-2広島
2.17△1-1G大阪
2.26●0-2浦和


・監督:城福浩(1年目)
「ムービングフットボール」という人とボールが動くサッカーを志す。
FC東京時代には6位、5位、ナビスコ制覇と実績もあげた。
ポゼッション志向という面では大木監督(現京都監督)のサッカーと似ている。
大木監督はサイドに人数をかけて数的優位を作り出して相手を崩すやり方だが
城福監督の方はピッチ全体を広く使ってチームで連動して崩すやり方だと
認識している。

・移籍
ハーフナーマイクやパウリーニョ、ダニエル、吉田と中核を担っていたメンバーが
抜けたのは痛いが高崎、青木、ピンパ、ドウグラスといった楽しみな選手が加わった。
戦力的増減はほとんど昨季と変わらないような戦力を揃えられた。


IN

GK 木下正貴(熊本)
DF 盛田剛平(広島)
   福田健介(東京V)
   佐々木翔(神奈川大学)
   林堂眞(駒沢大学)
MF 永里源気(FC東京)
   ピンバ(アトレティコ・パラナエンセ)
   畑田真輝(秋田)
   チェ・ソングン(高麗大) 
FW 高崎寛之(浦和)
   青木孝太(千葉)
   レナト(PSTC)

OUT

GK 荒谷弘樹(引退)
DF 小林久晃(鳥栖)
   内山俊彦(仙台)
   市川大祐(水戸)
   ダニエル(名古屋)
   吉田豊(清水)
MF 内田智也(横浜FC)
   犬塚友輔(鳥栖)
   養父雄仁(熊本)
FW 阿倍吉朗(磐田)
   ハーフナーマイク(フィテッセ)
   小池悠貴(引退)
   パウリーニョ(G大阪)
   加部未蘭(北九州)
 

・予想フォーメーション
kofu2012 (2) 

kofu2012.jpg 
やや層の薄いポジションはあるがこのように実質2チーム作れるようほどの戦力がある。
昨年主力だった片桐や井澤、山本がPSMで控えに入ることも多かった。

この選手以外にも正直誰がスタメンに名を連ねるか読めないのが今のところ。
そういった意味では非常に競争力のあるチームと言えるが固まるまでには
少し時間がかかるかもしれない。

FW
高崎が軸であるのは間違いない。相方にはダヴィ、永里、青木が熾烈な競争を
しているが今のところ、ダヴィが1歩リードか?
19歳のレナトはもう少し時間が必要だろう。

SH
プレシーズン絶好調だった柏、堀米が今のところ第一番手にいるようだ。
片桐はいわずもがなブラジルアンダー世代に招集された経験があるピンバも
レギュラーとして使われてもおかしくはない。

ボランチ
PSMの終盤の試合では保坂、伊東のペアで組まれることが多かった。
このポジション昨季の主力の井澤、山本の他にも韓国アンダー世代の主力だった
チェソングンや強烈な右足のキックを持つ畑田など一番レギュー争いが厳しい。

SB
左は石原、右は福田と安定感のある2人が現時点でのファーストチョイスだ。
ルーキーの佐々木や今季コンバートした松橋が2人の間に食い込めるかが
このポジションの層を厚くする鍵になる。

CB
ドウグラスがダニエルの幻影を振り払ってくれる可能性が高い。
相方には盛田、津田がレギュラーを務める可能性が高そう。
富田はビルドアップ能力、林堂は経験が少し足りないか。

GK
今のところ荻が開幕スタメンになる可能性が高いが荻野パフォーマンス次第では
岡、木下も十分に割ってはいる可能性がある。

これがプレシーズンを観る限りの僕の印象です。



・キーマン
堀米勇輝
キーマンというか今年一番期待したい選手。
近年甲府ユースが生んだ最高傑作であの宮市を抑えてプラチナ世代で
レギュラーになる程、この世代ではピカイチのテクニックをもつレフティー。
プロに入って実質昨年が1年目だったが出場時間は51分。
同世代が活躍する一方で1人、虎視眈々と自分のやるべきことをしてきた。
プレシーズンの好調さはその努力が花開くことを予感させるものであった。
甲府のみならずJ2を含め今年のJリーグでブレイクする選手の1人になるはず。


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2012開幕戦:甲府vs栃木】今年も開幕戦はお預け? | Home | 2012 J2クラブ戦力分析(町田ゼルビア・松本山雅)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する