FC2ブログ

【2018 J2 第4節:福岡戦】初勝利


ゴール前での精度の差が最終的にスコアに表れた試合だったと思う。
ゲーム展開としてはどちらに転んでもおかしくはなかった。



・これぞジネイ
試合開始から甲府の方で目立ったのは玉際への執着心。
守備にも献身的な金園や田中ではなく、リンス、ジネイ、堀米というメンバーであっても
積極的にプレスをかけ、中盤や最終ラインが前に出てボールを刈りにいくシーンが多かった。
相手の3バックに対して3トップ気味でプレスかければシステム的なミスマッチを狙う意図もあっただろうが
開幕から3試合勝てていない現状への危機感もあったのか
ここ3試合と比べて明らかに意図して前からのプレッシャーを強めにしていた。

そのお陰もあってか高い位置でボールを奪てショートカウンターで相手エリアに侵入する回数を増やしたが
ラストパスの精度を欠き、シュートまではなかなか至らなかった。
守備も中盤で相手に自由は与えてなかったがファールも多く、相手にとって良い位置での
セットプレーを増やし、嫌な展開になりそうではあった。




ポゼッションに関してはボールを持つこと自体にもう苦しさはないが
きれいに崩すシーンもあまりないので効果的とは言えない。
とはいえ、ジネイがロングボールをおさめてくれるし、サイドからのクロスのターゲットになるので
”ポゼッション一辺倒になってただボール持ってるだけ”という典型的な失敗にはなっていないのでそれは良い傾向。


「ただ、「120%のプレーを狙って0%になる」という監督の言葉通り
小塚などのボールロストで相手のカウンターを受けていたのは1つ反省材料。

後半も先制点を奪ってからジネイとリンスを前に残させてカウンターを狙っていたが
前線の2人のボールの収まりがあまりにも良いのでついついチーム全体が前のめりになって
逆にミスからカウンターをやり返されるというようなことは十分予想できる展開。
もちろん、今日みたいに追加点とれればそれに越したことはないが難しいプレーをして奪われるのはもったいないので
もう少し、シンプルにボールを動かしてゲームをコントロールする術も今後は持たなければいけないだろう。


最後に言及しておきたいのは新井とリマの代役で起用した小出と今津。
同じCBだがサイドもこなせる器用な小出に対して今津は野性味あふれるフィジカルコンタクトが印象的で対照的。
ルーキーとは到底思えない風格もすでにある。
彼ら2人のCBの成長は著しく、ルヴァンで結果を出している森も含めて
今後もさらなる熾烈なレギュラー争いになることは必至であろう。




関連記事
【2018 J2 第5節:徳島戦】完敗 | Home | 【2018 J2 第3節:町田戦】圧縮と拡散

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する