【2012開幕戦:甲府vs栃木】今年も開幕戦はお預け?

 いきなりこんなタイトルつけて怒られそうですが正直僕は嫌な予感しかありません。

というか今年はまだ実践の機会を見れていないのでなんともいえないのですが
PSMなどでの報道を観る限り、明日は厳しい試合になるのではないかと思っています。


栃木もスカパーでやっていた1試合しか見ていないんですがw

でもその横浜Mとの試合での栃木のパフォーマンスは素晴らしかった。

特に感じたのは素早い切り替えで出足の早い中盤~前線の組織的プレス。
横浜Mのビルドアップを何回もインターセプトして早い攻撃につなげていました。

守備でも新加入選手が4人並んでいるのにも関わらず堅い守備を誇っていました。

一番甲府というか城福サッカーでやりにくい相手なんじゃないでしょうか?

その期待を良い意味で裏切ってくれないかなという楽しみも若干あります。

ちなみに栃木との対戦成績は3勝2分で未だ負けなし!!



予想スタメン
kofu-tochigi.jpg
チームの要であるパウリーニョがいないのは甲府としては非常にラッキー。
菊岡もPSMで負傷し、この試合に出場できるか分からない。

とはいえ、栃木の中盤はクオリティの高い選手が揃う。

特に10番の高木の左足には注意で、セットプレーに弱い甲府としてはなるべく
セットプレーを与えたくない。
前線のサビアを警戒するのは当たり前だが右サイドの河原も要注意人物だ。
なんとこの男、プロ初ゴールは2006年の甲府戦で2009年には3ゴール上げている。
もし明日ゴールを奪ったならば新しい甲府キラーの誕生と言っていいだろう。

守備に関しては最終ライン全員新加入選手ながら組織的な完成度は高い。
ここは松田監督の手腕がはっきり色濃く出ている。
元甲府の柳川もなんだかんだ成長しているようだしね。


で、試合の展開として甲府は上記にも書いたように栃木の前線からの
組織的プレスに相当手を焼くはず。

そこで普通の監督なら高崎、ダヴィとキープ力のある選手に適当に放り込んで
相手の中盤を間延びさせようとするのだが城福監督はあまりしないだろう。

どれだけミスがあっても、連携が合わなくても自らのサッカーを続けるはず。
それに失点さえ押さえていれば仮に悪いなりにも勝ち点3は見えてくる。

だから明日は我慢の試合になるのではないかと思っている。

開幕戦だから高望みはできないしね。


一応、明日の見るべきポイントは

・新加入選手&堀米のパフォーマンス
・ムービングフットボールの完成度
・栃木のプレスに苦しんだ時の監督の采配
・昨年を考慮すると疑問があるスタメン選定の訳
小倉とダヴィの太り具合

こんなところかな?


それではみなさん明日小瀬でお会いしましょう。
とりあえず明日は晴れそうでよかったヽ(*´∀`)ノ


3月カレンダー
kofu-calenda2012-03.jpg


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ




関連記事
【2012開幕戦:甲府vs栃木】13年間の呪縛を破ったJFK甲府 | Home | 2012 J2クラブ戦力分析(ヴァンフォーレ甲府)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する