FC2ブログ

【2018 J2 第14節:栃木戦】連勝


・徐々に見えてきた新しい色
一番印象的なのはプレスのかけ方で特にボールを失った瞬間の切り替えの速さとファーストプレスの徹底は
強く意識されているように感じる。
プレスのスイッチを入れた選手に連動する他の選手の動きも短期間で良く整備されている。
フィジカルコンタクトに強い3バックを並べることも相手がクリアしてきたところを確実に前で奪いきる意図だろう。
2次攻撃、3次攻撃やショートカウンターにつなげやすいのは大きなメリットだが
どのポジションも上下動が激しく、スタミナ消費が激しそうであることと裏への意識が緩慢になりやすいのは今後の課題。


また、小塚のシャドー起用も良い意味で驚かされてる。
リンスをベンチに下げてまですることかと最初は思ったが
前節と今節を見る限り、ボランチとは違ってゴール前でのチャンスメイクに注力できるので
彼のタレント力が存分に発揮されている。

今日の試合に関しては栃木のプレスがあまり強くなかったこともあって
新井、島川のコンビでも安定してビルドアップできていたのでそういう傾向はより強まったが
ゴール前で質の高いラストパスが出せるかどうかは点に直結するので今後も期待したいところ。

ただ、ジネイが長期離脱中でバホスも負傷したことにより、トップが流動的になりそうなのは不安要素ではある。




関連記事
【2018 J2 第15節:讃岐戦】完勝で3連勝 | Home | 【2018 J2 第12節:山口戦】上野新体制

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する