FC2ブログ

【2018 J2 第22節:大分戦】再び完勝

 

やはり、大分とは戦術的な相性が良い。
こちらが怪我人続出でサンニチでも先発予想を外すほどの緊急事態であったが
スコアは違えど6-2で勝利したホームでの試合と同様に前半から終始甲府のペース。

1トップの堀米は中盤に降りたりハーフスペースに降りたりと偽9番的な動きが多く
最前線に居ないこともあったがショートカウンターだけで攻撃が成立してたし
しっかり中盤が追い越していく動きをしていたので十分機能していた。
相手のプレスが緩いこともあってビルドアップを捨てるようなこともないので堀米が相手と競り合うことも少なかった。

また、大分が甲府をリスペクトしてくれたのか試合開始から様子を見るような入りであったため
こちらが受身にならず、やったことのない組み合わせでもリスクなく積極的にいける状況であったことは
甲府にとっては楽な展開にさせてくれるものであった。



問題はまたもや出てしまった負傷者。
長期離脱ではないと思うがそれでも中盤の要で代えの効かない島川ではダメージは大きい。
過去例にないくらいの試合数をこなしているのでしょうがない部分もあるかもしれないが
ここまで怪我人が多いと試合をこなすだけで精一杯になるし、選手も接触を怖がるようになってしまう。
強度の高いハードワークがベースになっている今の戦術でそこがやりきれないと死活問題。
既に1トップはカバーするのが難しいくらいの状況になっているし、何とか対策を考えないといけない。



関連記事
【2018 J2 第23節:岐阜戦】プランBも | Home | 【2018 J2 第18節:金沢戦】これを糧に

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する