【J1も明日開幕!!】今季の展望を予想してみる

遂に明日、J2に続いてJ1も開幕します。
(本当ならこの舞台にいたかった・・・)


今季はJ2メインでいきますがJ1も要チェックしていきます。

とりあえず今日は今季の展望を予想します。


・優勝大本命は名古屋
まあ、この2チームは特にアクシデントがなければ鉄板かな?
どちらが優勝に近いかというと僕は柏を推したいですね。
どちらも昨年からの積み重ねがあり、戦力も十二分にある。
レドミやケネディなどスーパーな選手も揃っている。

唯一大きく差があるのが監督力
正直、ピクシーは何をしたいのかよく分からない謎の采配が多い。
ネルシーニョはそういった意味で抜群の采配をするし、統率力もピカイチ。
ACLを懸念する声も多いがベテランが多く、スペランカーが多い名古屋の方が
影響は大きいと僕はみている。

その他、優勝に絡みそうなのはF東京と仙台
F東京は戦力だけで考えれば柏と名古屋に匹敵するほど選手は揃っているし
なにより攻守のバランスがいい。
最大の懸念はACLとの併用で心配されるけが人の多さ。
昨年と同じような状態になってしまうと厳しい。

仙台は昨年からの積み重ねが最大の強み。
攻守のバランスを崩してしまうと低迷はありそうだが、助っ人外国人の力量次第。
安定した守備だけでも相当上位を狙えるはず。

・昨季の浦和になるのはG大阪!?
今年のガンバは相当低迷するのではないかと予想している。
まず理由の1つとしては単純な戦力低下。
イ・グノ、平井を放出して変わって入ったのが佐藤とパウリーニョだが純粋に
前者2人より力が落ちる。
特にパウリーニョはラフィーニャとタイプが酷似しておりイ・グノの後釜としては
相応しくない。ここ2年夏まではあまり調子が出ないことも大きな不安材料になる。

守備は今野が加入したことで一見、大きく改善がされそうにも思えるが
ガンバの守備の問題はCBの質の問題ではない。
チーム全体の守備意識の問題であって、今野1人で大きく改善するとは思えない。

中心選手の高齢化も触れなければいけない問題の1つだ。
特に遠藤は昨季の後半からコンディションを崩しており、パフォーマンスが非常に
落ちている。時には穴になっている試合もあるほどだ。
しかし、チームの顔として外せない事情があるし、代表との兼ね合いも大きい。
その負担を軽減できそうな選手が今年もいなさそう。

さらに加えて、セホーン・呂比須体制という未知数がそこに加わる。
序盤取りこぼしが多ければ、その(=低迷)現実味はより高くなるだろう。


・躍進の匂いがする新潟、大宮、神戸、清水、磐田
今年は楽しみな中堅クラブが非常に多い。
新潟、大宮、神戸は昨年からの積み重ねから補強も着実に成功している。
神戸は補強しすぎたのかチームの軸が少しぶれそうな不安はあるが大宮、新潟は
前線の個の力が非常に高くなっており、かなり期待できそう。

静岡の両クラブも個人的には期待している。

清水はゴトピ監督2年目ということで昨年よりチームの仕上がりは確実に早いだろう。
河井、白崎という大学、高校界のトップクラスの選手を獲得出来たことも大きい。
ただ高原、小野のベテラン勢のコンディションと守備の課題は考えなければいけない
問題ではある。

磐田は前田、駒野の移籍が夏にあれば厳しくなるが昨年ルーキーながら大活躍した
山田、小林、金園の大卒トリオが迎える2年目は非常に楽しみである。
新しく加入したペク・ソンドンも評判は良いと聞いている。


・低迷の匂いがするC大阪、広島、横浜M、鹿島
横浜M、鹿島は低迷するといっても中位以上にいくと思うがネガティブな印象が強い。

横浜Mは長谷川、渡邉とこれからチームの核になる選手を放出したのが分からない。
チームの中心を担うのがもう下り坂になっているベテランという不安もある。
新しく加入したマルキーニョスもその部分であまり良い印象がない。

鹿島も野澤、田代を放出し、ジュニーニョを獲得したところで横浜Mに似ている。
両クラブとも若手には良い選手が揃っているのでその選手たちを
どう成長させながら結果を出せるのかも大きなテーマ。
世代交代は遠くない将来で必ずやってくるはず。

C大阪は逆に若手が多く、はまれば勢いに乗りそうだが清武、キム・ボギョンには
夏の海外移籍という可能性が考えられる。
監督が変わってどう転ぶのかもいまいち不透明。
オリンピック組が多い事も、なかなかポジティブな予想がしづらい状況。

広島も監督が変わったがこちらはチームの方針が明確でそれを引き継げる監督
を選考しているのであまりそこの問題はなさそう。
ただ、純粋に李のが抜けたことは大きなマイナス。
単純に15点という得点力以上にFWとしての怖さ、意外性は他の選手には
カバーできない部分。


・全く読めない浦和、川崎
浦和は昨季が昨季だけにもうここから上がるしかないのだがどちらにも
転びそうな雰囲気がある。
ペトロヴィッチという確固たる方針をもった監督を招集したのはいい事で
選手達の特徴にも合致する部分が多い。
ただ、一番の課題である得点を決められる選手がいない。
昨年は原口がチームトップだったが今年はオリンピックもあるし
原口個人にはこの戦術に合わない可能性も大いに考えられる。
得点パターンを確立出来れば大きく躍進すると思うが
出来なければ昨年の二の舞を演じる可能性は高い。

川崎は助っ人のブラジルトリオがどの程度の選手かで大きく変わりそう。
並みの選手であれば昨季のように下位沈み、大当たりの選手であれば
かつてのように優勝争いを繰り広げるまで一気に順位を上げそう。
ただ、その他の問題として相馬監督の手腕が挙げられる。
あまり川崎サポから良い評判を聞いたことがない。
むしろ昨季終盤は、監督交代を要求する声までよく聞こえた。
昨季の反省を活かして成長するか、サポのプレッシャーに屈するかでも
大きくクラブの方向性は変わってきそうだ。


・下克上なるか鳥栖、札幌
昨年昇格した我が甲府と福岡は残念ながらその夢は果たせなかった。
柏はクラブの規模、戦力で考えれば元の鞘に収まっただけ。
今年はF東京がそれに該当するだろう。
したがって鳥栖と札幌には昨季の甲府、福岡を超え、今の定着しているJ1クラブを
J2に引きずり落とせるかが最大の目標である。

ただ、昨季の2クラブと鳥栖・札幌が違う部分はしっかりとした守備を持っていること。
辛抱強く守って、一瞬の隙を狙う堅守速攻型の両クラブがどのようにJ1に挑むのか
J2のサポとしては要注目である。

豊田というエースがいる鳥栖の方が可能性は高そうだが・・・・。



僕の現時点での印象はこんな感じでーす。
いろいろ言ってますけどあくまでも僕の印象なので悪く評価されたサポの方は
軽ーく聞き流しちゃってくださいw

では、では2012年も俺たちのJを盛り上げましょう(´∀`∩)↑age↑

よかったらここ→ガッピルの壁紙作成所も見ってってね。
イイものがあると思うよ。



Jリーグサポのブログは↓こちらから、みんな熱いねー。
     にほんブログ村 サッカーブログ           



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第2節:東京Vvs甲府】破壊力のある2トップを活かすのはどっちだ!? | Home | 【2012開幕戦:甲府vs栃木】13年間の呪縛を破ったJFK甲府

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する