FC2ブログ

【2018 ルヴァン杯 ラウンド8 2nd leg:柏戦】ベスト4ならず

 


前半と後半の違いをみれば小塚を温存したことは流石に主力級の柏相手にはハードルが高すぎたかもしれない。


良い形でセットプレーから先制点取ったものの試合展開は守備にまわる時間が多く苦しいものだった。
ファーストレグよりもDFラインを高く保ちながらコンパクトな陣形を引き、プレス強度も高めたが
柏も長短のパスでこちらの守備ブロックを揺さぶってきていたので
なかなかカウンターにいけるようなボールの奪い方が出来なかったし、前線で起点も作れなかった。

それでもサイドから比較的持ち出せるシーンがあったが
早めのアーリークロスを選択することが多く、ボールを失うのも早かった。
隙あらばチャンスを狙う姿勢は良いと思うし、柏のプレスも厳しかったかもしれないが
1点リードがあっただけにもう少し、ボールをキープして攻撃しても良かった。


後半は小塚が入ったこともあってそれが修正され、前半とは打って変わって
相手陣地でプレーする時間が増えたし、ゴール前で際どいシーンもつくれるようになった。
結果的には勝ち抜けは最後のバホスのシュートが運命の分かれ目になったが
ここでの良い時間帯で追加点が取れていればまた変わっていたかもしれない。

終盤は疲労も増え、こちらも点を取るほうに傾いたこともあってカウンターからピンチも多く
岡のファインセーブがなかったら、最後までどちらに転ぶかわからない展開には持ち込めなかった。


最後はアウェイゴール差で敗退となったがJ2クラブとしての意地は予選から通して示せたし
控え選手を多く起用しながらそれが出来たことにも価値がある。
J2クラブでは到底こなすことが難しい過密日程で怪我人も増え、
リーグ戦で低迷するという代償は非情に痛いものではあるが
若い選手にたくさんの試合経験を積ますことが出来たことは必ずプラスになるだろう。






関連記事
【2018 J2 第32節:山形戦】バタバタ | Home | 【2018 ルヴァン杯 ラウンド8 1st leg:柏戦】Newスター

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する