FC2ブログ

【2018 J2 第36節:東京V戦】3連勝


1試合飛ばしたかたちにはなるが無失点での3連勝。
PO圏内に滑り込むには連勝が必須な上にPO圏内の相手には絶対負けてはいけない状況ではあったので
そういう中でしっかり勝ち点3とれたことは良かった。

ただ、内容的には必ずしも良い試合ではなく
試合勘がないのか受け手と出し手の意図が合わないシーンが何回も観られたし
芝が深いのか、ぼこぼこしてやりにくいの、それとも東京Vのプレスに屈していたのか
ボールコントロールのミスが多くて前半中盤くらいまではゴール前まで運べない展開だった。

それでも守備が安定していたこともあって、一方的に流れが悪くはならず
徐々に慣れていったころには決定機もつくれるようになり、甲府ペースになっていった。

後半はその流れをさらに加速させるよう、前半以上のエネルギーを持って攻勢に出たが
早い時間で相手に退場者が出たこともあって、より優位な状況になった。
また、相手が3バックに変更した直後にこちらは2トップにするという采配が的確で
金園とバホスの縦の関係性からワンツーでDFラインを突破し、なんとかこじ開けることに成功した。

今日のバホスは前半から決定機を外し続けていたので良い出来とは言えなかったが
シュートチャンスには必ず回ってきていたので最後はエースとしての意地を見せてくれた。

しかし、その後の追加点をとる姿勢や時間の使い方には課題を残すようなプレーの連続で
やはり、内容としては不満の残るゲームだったと言わざるを得ない。
それでも最初に書いたように結果が全ての時期ではあるのでそこをしっかり押さえたことは
次につながるし、無失点で3連勝出来たことは守備が安定している証拠なので
そこはポジティブに考えていいだろう。
関連記事
【2018 J2 第37節:新潟戦】痛み分け | Home | 【2018 J2 第34節:岡山戦】完勝で連勝

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する