FC2ブログ

2次キャンプ終了


まず、大きな故障者もなく、無事に終えられたことが何よりだが
TMの結果も鹿島、ソウル、大宮、蔚山現代、町田という、いずれも同等~格上との試合で
2勝2分1敗という結果はまずまずで、ここまでは順調に来てると言って良さそうだ。

また、相手の状況やリーグの流れを見ながら戦い方を変えていくというチームの方針や
伊藤監督の433システムへのこだわりもあって4バックの試みも多くあり
オプションという位置づけではあるだろうが積極的に使っていくことが伺える2次キャンプだった。

その中で開幕スタメンに向けてレギュラー争いも徐々に見えつつある。



・前線
前線の立ち位置を変えないようにする狙いなのか3バックでも4バックでも1トップは変えそうにない。
試合流れや相手の戦術によってバホスやドゥドゥが1トップに来ることも十分あると思われるが
基本的には二人はシャドーやウイングがメインポジションになりそうで
1トップの選択はファーストチョイスがウタカで次点に佐藤洸一。

シャドー/ウイングはバホスの負傷もあってドゥドゥと曽根田が今のところレギュラー争いをリード。
森や宮崎と言った若手も結果でアピールしているが序列をひっくり返すところまではいっていない。


・サイド
サイドに関しては絶対的な選手が存在せず、田中や森がこのポジションに挑戦したりもしており
誰がレギュラーを掴むかまだ不透明なところもあるが
右サイドではWBでもSBにおいても武岡と橋爪の一騎打ちという印象。

左サイドは3バックのWBならば内田がファーストチョイスになりそうだが
4バックへのシステム変更した場合、リマがCBからSBにポジションを移す可能性が高いので
システムによって変わってくるだろう。


・中盤
中盤もシステムが2枚か3枚かによっても変わるが佐藤和弘、小椋、横谷がリード。
新加入の後藤も随所に持ち味を出しているし、新井も怪我からの復帰が順調であればレギュラーを担える存在であり
高いレベルのレギュラー争いがシーズンに入ってからも続きそう。
ただ、3枚になった時のアンカーだけは難しいポジションだけに伊藤監督も悩んでいるようで
TMでは小椋、山本、新井などが起用されているが蓋を開けてみないと分からないという状況。


・CB
3バックなら小出とリマが当確。
残り1つのイスに今津と小柳が争っている。
4バックでもリマがSBにスライドする可能性が高いので構図は同じ。
3バックに関して山本をリベロにおいて小出を右のストッパーにずらす案や
武岡、橋爪、新井といったCBも出来る選手の起用も模索されており
他の組み合わせも選択肢としてあるが
4バックはに関しては適正のある選手が少ないだけに不安も大きい。


・GK
TMではGKからのビルドアップでミスが起こり、それが失点につながってしまったこともあったようだが
個人的に全てのポジションの中で一番レギュラー争いが厳しいポジションだと思っており
誰が開幕スタメンでも全く驚きはない。
経験値で河田と岡がリードしているが積極的なプレースタイルの岡西も
伊藤監督には好まれるんじゃないかと思っている。










関連記事
【2019 J2 第1節:大宮戦】課題多い開幕戦 | Home | 2019シーズン始動

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する