FC2ブログ

【2019 J2 第9節:水戸戦】諸刃の剣



結果を出すことでいろいろごまかせてきたことが
ついにごまかしきれなくなったなというのが率直な印象。
試合開始早々の先制点で楽な試合展開にもちこめるはずがそれさえも全くアドバンテージにならず
すぐに主導権を握られ、最終的にひっくり返されるゲームになってしまった。


・いつまで悩ませるのか
何かしらの準備があると期待してたが蓋を開ければバホスのシャドー起用はまるで機能しないし
外国人を3人並べるという選択もただただ、バランスを大きく欠いただけ。

特に守備でバホスが中盤のラインに戻ってこないため
ボランチが横にずれたり、WBが縦にずれたりして対応していたが
中盤の中央に人がいなくなってセカンドを拾えなくなったり、
3バック脇のスペースにランニングされて、相手のSBの上がりと合わせて数的不利になってしまい
サイド奥深くを簡単に侵入されたりと自分達で難しい対応にしてしまっていた。

また、攻撃面でも前残りしてウタカと一緒にカウンターの起点になったり
ドゥドゥのように粘ってファールをもらって時間をつくるということも出来ないので
攻守において役割をこなせず、周りの選手もバホスのフォローに力を削がれてしまっている。

スペースある状況で前に持ち出せば抜群のスピードで相手を置き去りにさせられるが
そういったシーンも前半の終わりと後半に1回あったくらいで
いろんな部分でのマイナスを取り返すほどの貢献はなく。
バホスの実力を評価しているからこそ、今の起用法は理解に苦しむ。


もちろんバホス自信もそういった課題をクリアする努力が必要だが
できないのであれば昨年のように1トップで起用するか
献身性があって潰れ役となれる佐藤と組み合わせるなり
昨年J3で一番アシストが多くてスルーパスが出せる後藤を中盤で起用するなり
何かしらの工夫が必要でウタカ、ドゥドゥという今の前線の組み合わせに
無理やり入れても機能するわけがない。



さらに、FW4枚を前線にならべる采配も
一方的に攻撃で押し込めることが想定できるような相手や流れを大きく変えたい場合は有効だが
今日のように前後分断になりやすく、カウンターにさらされることもリスクとして
しっかり考える必要がある。


選手層の厚い多種多様な駒が揃ってる前線は確かに今年の強みだがそれに甘えて
守備を含めたゲームメイクのところをおざなりにしてはいけない。




関連記事
【2019 J2 第10節:京都戦】1クール終了 | Home | 【2019 J2 第8節:町田戦】悩める元エース

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する