FC2ブログ

【2019 J2 第11節:愛媛戦】取りこぼし


今までのドローは負けるゲームを引き分けに持ち込んだものが多かったが
今日の試合に関しては勝ち点3を取りこぼしたと言っていい内容だっただけに悔しいゲームとなった。



・安定したビルドアップ
ウタカのシャドー起用によって中盤での安定したポゼッションが可能となり
そにれよって横谷が最終ラインからのビルドアップにより注力出来るようになった。
さらに横谷が最終ラインに落ちた時にCBがワイドのポジションを取るようになるが
そのときにSBの役割が出来る武岡を3バックの一角で起用してるメリットが出てくる。

前線も佐藤が身体を張って、しっかりターゲットの役割を果たしているし
スペースに走ることも出来るので攻撃に奥行きをつくっており
前半からチャンスをつくっていたように攻撃に関しては非常にバランスが良くなった。

課題があるとすれば右サイドで持ったときに逆サイドの荒木がフリーになっていたので
もう少しサイドチェンジを使っても良かった。
あとは、後半サイド深くを攻略した時にほぼほぼ、ウタカへのマイナスのクロスを選択していたが
ウタカのシュートがGKのセーブにあったり、相手DFにブロックされていたので
角度がなくても思い切ってシュート打っても良かった。



・後半のマネジメント
どこかのチャンスで2点が決まって入ればあそこまでバランスを欠く必要もなかったかもしれないし
しっかりシュートで終わって戻れる時間がつくれていればあそこまでカウンターを受けずに済んだかもしれない。
ただ、点が取れそうだったし、相手ゴール前で簡単に運べていたのもあって
中盤が間延びして行ったり着たりという展開になってしまい
相手に反撃するチャンスを多く与えてしまった。

また、交代枠に関しても理由は分からないが荒木とドゥドゥに使ってしまい
最後、疲労の濃い選手が多い状況で勝ち越しを狙わなければいけなくなったのも
マネジメントとしてはやや疑問だ。

特に1トップはバホスが構想外なのかベンチに入らなくなり
佐藤とウタカをスタートから使ってしまえば、交代カードで最前線に入る選手が見当たらない。
金園が復帰すれば解決するがそれまでこの組み合わせを継続するなら
2トップの選択など、他の選択も模索しないと
今日のようにウタカとドゥドゥを下げた上に、佐藤も横谷も疲弊していて
曽根田しか動けてない状況ではなかなか厳しいものがある






関連記事
【2019 J2 第12節:千葉戦】ゴール欠乏症 | Home | 【2019 J2 第10節:京都戦】1クール終了

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する