2試合が終わって徐々に見えてきたJFKスタイル

開幕2連勝と例年稀に見るスタートを切れた我が甲府ですが
実際にはどんなサッカーをしているのか?をここで一旦整理したいと思います。



やはり、一番の特徴は高崎、ダヴィを活かしたシンプルな組立。
変にボールをつなげようとする意識が少ないので思い切って中盤+SBが
セカンドボールor前線のサポートに集中できる。

kofu2012-02.jpg

起点になる選手を中心としてスモールフィールドを形成し、数的優位を活かして
主導権を握ってサイドを攻略する。

今のところ、攻略の部分ではサイドは柏の単独突破や堀米→福田という崩しが
光っている。



仮に高崎やダヴィがキープできなくても、数的優位な状況をそのまま活かして
すぐプレスをかけ再度ボールを回収して攻撃をやり直す。

kofu2012-03.jpg




これが今の甲府のベーシックな戦術。


高崎、ダヴィという前線の選択肢が2つあることでどちらのサイドでも中央でも
低いラインでも高いラインでもどこでもこのシュチュエーションをつくれる。

それほど二人の関係が良いし、それに対して中盤も流動的に動けている。



もう1つ特徴的に思えたのはプレスのかかけ方。


基本4-4-2というのは4-4のラインを後ろで形成してブロックを作るのが基本。

kofu2012-04.jpg


しかし、今年の甲府は4-4のラインを前でつくる。
積極的に堀米、柏の両SHをあげて相手のSBにもプレスをかけることを徹底している。

kofu2012-05.jpg


こうなると相手の最終ライン4枚に対してこちらも4枚がプレスをすることで
数的同数になり、相手のビルドアップを阻むことが出来る。


相手が堪らず適当なロングボールに逃げた場合は
待ってましたと言わんばかりに空中戦では無敵のドウグラスに跳ね返してもらう。


仮に臣が跳ね返せなかったり、ドプグラスが大きくクリアできない場合は
すぐさまボランチの2人がセカンドを回収する。

kofu2012-06.jpg



無理にでも中盤で繋ごうとするならば
待ってましたと言わんばかりに伊東がインターセプトをしてそのまま攻撃につなげる。

kofu2012-07.jpg

伊東、保坂という地味ながら非常に鼻が利く選手を2人中盤に置くことで
確実にセカンドを回収して自分たちがボールを持つ時間を増やす。


あまり難しいことはしていなく、非常にシンプルなサッカーだけど
相手からしてみれば強烈にやっかいだと思う。


ダヴィ、高崎、ドウグラスという圧倒的な個を持つ選手がいなければ出来ないサッカー
ではあるがそれを支える中盤+SBの戦術理解がより高いレベルのサッカーにしている。


今後気をつけたいのは前線の2枚を封じるほどの組織的な守備を持つクラブと
甲府のプレスを交わせるほどのビルドアップをもつクラブとの対戦。

こういったクラブとの対戦で自分たちのサッカーが通用しなくなった時
どう修正して、どう変化させるのかがまた成長への道のりとなる。


そういった意味では次節の愛媛戦は良いケースになるかもしれない。


圧倒的な個はいないかもしれないがバルバリッチ監督は非常にまとまった
組織的な守備をつくる監督である。

ダヴィ、高崎が抑えられる可能性は十分にあると思っている。

そこでJFKがどんな切り札、カードを用意してくるか一番の興味。

だから、むしろ抑えられた方がいいかなwなんて思いももある(;^ω^)


まだまだこのサッカーがただの土台に過ぎないことを願う。


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第3節:甲府vs愛媛】史上初の開幕3連勝なるか!? | Home | 【J2第2節:東京Vvs甲府】ダヴィ誕生日おめでとう!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する