【J2第4節:山形vs甲府】アンフェアな状況でもアクシデントがあっても勝つのが本当の強さ

あー、どんな状況でもやっぱ負けるのは悔しい。

負けた時の記事はなかなか進みません(TдT)



・ドウグラスの負傷
今日の負けた最大の敗因をあげるとするならばやはりこの人のアクシデントを
埋めきれなかったことだろう。


萬代の膝蹴り(?)がドウグラスの腰or腹部に直撃し、何度かプレーを試みるも
やはり厳しく前半10分で交代カードを使わなければいけなくなった。

しかし、ベンチにはこの日、SBの松橋しか登録しておらず津田をCBに回す形で
なんとか対応した。
この限られた選択を自ら招いたのはJFKの最大のミスで代わりにベンチに入れた
ピンバやソングンを起用しなかったことも考えるとこの選択は間違っていた。


ドウグラスガ抜けたことで大きなクリアや正確なフィードができなくなり
最終ラインが山形の圧力をもろに受けてしまった。

山本も津田も頑張って最後のところは頑張って防いでいたが
それ以上にドウグラスの影響はチーム全体に良い影響をこれまで及ぼしていた。

だから井澤・保坂の両ボランチは低い位置でのプレーとなり、山形の鋭いプレスを
常に受ける形となった。
さらに相手3トップの守備意識の高さもあってSBも自由にさせてもらえなかった。

特に松橋の左サイドはよく狙われ、崩される場面も多かった。


プレッシャーが厳しいのであればそれこそ十八番のボールを動かしてプレスをいなす
ポゼッションがしたかったのだがあいにく現在の甲府はまだそこまで至っていない。

しかし、それでも何度か崩す場面は見られたし、ダヴィとの連携が合えば・・・・
というシーンはあったのでそれを決めていればまた違っていた結果になっていただろう。

そこは厳しい日程、条件が影響したように思うし、ツキもなかった。

なかなか決断しにくいのは分かるが今日のダヴィは早めに交代させるべきだった。


ただ、最終的には山形の頑張りがあったからこそ逆転されたわけでそこは
相手の奮闘を称えたい。


ただ、本当にJ1でも通用するクラブになるならばこういう試合をモノにできる
力強さを持たなければならない。




kofu-yamagata4.jpg


採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・6.0
2失点共GKはノーチャンス。
枠内シュート自体はあまりなかった。

福田・・・6.0
前半最大の決定機をつくるもダヴィとは合わず。

津田・・・5.5
左SB→CBに変わってもさほど問題はなかったが
ドウグラスの穴を埋めるまではさすがに厳しかった

山本・・・5.5
粘って最後のところは踏ん張っていた。

井澤・・・6.0
厳しいプレッシャーの中でもなんとかキープしたが
前線を追い越すような攻め上がりはなかなか出来ず。

保坂・・・5.5
井澤同様厳しくプレスを受け、苦労した。

片桐・・・5.0
ボールロストも多かったし、さほどチャンスメイクも出来ず。

柏・・・6.5
得点は見事だったし、ドリブルのキレは今日も健在。

高崎・・・6.0
ダヴィの不調をなんとかカバーしていたが得点まではカバーできず。

ダヴィ・・・5.0
あと、一歩の所であわない場面が多く、気持ちだけが先走っていた印象。
得点を取り消された場面やファールになってしまった場面は納得いかない
ジャッジだったかもしれないが手癖は直しておきたいところ。

松橋・・・5.0
急遽出場でしかもSBとしては初の試合だっただので悪かったのはしょうがない。
ただ、90分スタミナが持たないようであればSBの起用は厳しい。

永里・・・6.0
対面のSBの上がりを抑制できず、守備に回ることが多かった。

城福監督・・・5.0
なぜCBを1枚ベンチにいれなかったのか?
なぜベンチにいれた新戦力を起用しなくてダヴィを最後まで引っ張ったのか?
采配にはいろいろ疑問が残る。
中盤で厳しいプレッシャーを受けた場合の解決策も見い出せなかったのは課題。



山形の関係者の皆様、雪かきご苦労様でした。<(_ _)> 


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第5節:横浜FC戦プレビュー】井澤、堀米を関塚監督が視察!? | Home | 【J2第4節:山形vs甲府】明日の天気は雪!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する