【J2第6節:北九州戦レビュー】スタートダッシュでもった淡い幻想が見事に打ち砕かれた

この5試合、山形に負けはしたものの試合内容共にポジティブな方向に進んでいた。

もしかしたら、1年で昇格できるかも?と思ったサポも多いだろう。

僕もそのうちの1人だ。


ただ、そんな淡い幻想は今日限りで終わりだ。

現実に引き戻してくれたのは北九州という非常に若いクラブ。
監督はあのキングカズの兄、ヤスだ。

個人では甲府の方に分があっただろうが見事に組織的なチームをつくりあげてきた。
甲府対策もばっちりだった。

逆に我らJFKはその対策に見事に引っかかってしまった。

とはいえ、前半は圧倒的に甲府の試合だったと思う。

決定的チャンスも何度か作れていた。
ただ、残念ながら元甲府の佐藤に阻まれた。

後半は一進一退の攻防が続きながら徐々にギアが上がる北九州に対し、
甲府はどんどん足が止まっていった。

先制点を奪われたあと、山本の芸術的なFKで同点に追いついた時は
息を吹き返すと思いきや、逆にそれを超える反発で流れを変えられた。

年齢は若いかもしれないがメンタル的なもの含め決して若いチームではない。

非常に洗練された大人のチームだった。

そう言う意味ではまだまだ甘ちゃんのサッカーをしていたのは甲府。

明らかに後半は足元に入るパスを狙われていたのに、つなぐことを意識しすぎて
何度も中盤でインターセプトされてしまった。

横浜FC戦から徐々につなぐことを意識しているのは分かるが
今日はそれが諸刃の剣となった。

新しいことをチャレンジした時の失敗だったと思いたいが
せっかくこれまで積み重ねてきた事を0にすることはない。

狙われているのであればその裏を付く柔軟性が必要で決してそれが出来ない
クラブでも選手たちでもない。

ただ、試合中にその試合状況を正確に分析してすぐ判断できるかというとそれは疑問。

「自分たちが良いサッカーをすれば勝てる。」と言っていいのはバルサだけ。

サッカーは相手がいるスポーツなんだから相手が自分たちの良さを消そうと
考えるのは至極当然。

それを上回る力、術を身につけていく必要がある。


そういった事を感じた試合だった。



kofu-kitakyusyu2.jpg


今日はあまり時間がないのでというか、他にサッカー見たいので
採点は省略させていただきます。


とりあえず堀米だけには言及したい。
早い時間帯で足がつるというのは体力的な問題というよりも体質的な問題だろう。
本人も相当悩んでいるのは分かっている。
今すぐ、解決できることでもないから早い時間帯で交代になっても何も言うまい。
その分、甲府には控えに優秀な選手が揃っている。
逆にそういった選手を抑えて使ってもらっているんだからもっと自信を持て。
60分でやれる事を考えろ!!



せっかく晴れたのに1万人超えなかった(´Д⊂ヽ
みなさん小瀬にもっと足を運ぶのじゃ!!


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
555回toto予想結果:安定の壊し屋”大宮と千葉” | Home | 【J2第6節:vs北九州プレビュー】中盤を制するのが勝負のポイント!!

コメント

No title

何か悔しい敗戦ですね。
開始直後は、今日は何点入るかなとか、
ワクワクして観てたのに・・・・・

しっかし、寒かったね。

2012/04/02 (Mon) 08:01 | KKGT-R #- | URL | 編集
KKGT-R さん

日差しは結構あったのにかなり寒かったですね。

試合内容共に・・・・。

まあ、前半決めきていれば甲府の試合で進められた感じはありますけど。

2012/04/03 (Tue) 19:43 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する