【2013年の総括】アクチュアルプレイングタイム(メモ)

アクチュアルプレイングタイム(APT)について、ちょっとした疑問の追求


まずはボール支配率とアクチュアルプレイングタイム(APT)の関係性 

順位チームボール支配率順位チームAPT
1浦和56.71広島60:24
2横浜M54.92浦和57:50
3名古屋53.53F東京57:50

広島53.54C大阪57:12
5川崎52.15甲府57:11
651.36仙台56:14
7磐田50.87川崎55:52
8F東京50.58磐田55:47
9鹿島50.1955:22
10仙台49.910湘南55:21
11C大阪49.311鹿島55:20
12新潟49.212大宮55:19
13大宮48.313大分55:15
14鳥栖47.814名古屋54:41
15清水46.315新潟54:11
16甲府46.216清水53:41
17湘南45.517鳥栖53:30
18大分43.718横浜M52:20

ボール支配率が高いクラブがAPTも高い数値になると予想していたが意外にも実際のデータは異なった

1~3位は支配率の高いチームが占めたが4~6位は支配率が50%未満のチーム(我が甲府もその中に)

そして最下位には支配率2位の横浜M 


ボール支配率に影響あるだろうが決定的な原因ではないことは考えられる



次に影響がありそうなファアル数とセットプレー(FK+CK)を付け加える

順位チームボール支配率APTファアル数FK+CK順位チームAPT
1浦和56.757:504546711広島60:24
2横浜M54.952:203977862浦和57:50
3名古屋53.554:414696133F東京57:50

広島53.560:243306914C大阪57:12
5川崎52.155:524196915甲府57:11
651.355:224947196仙台56:14
7磐田50.855:474776267川崎55:52
8F東京50.557:503966708磐田55:47
9鹿島50.155:20467691955:22
10仙台49.956:1436573110湘南55:21
11C大阪49.357:1246559911鹿島55:20
12新潟49.254:1144862312大宮55:19
13大宮48.355:1943064713大分55:15
14鳥栖47.853:3048264114名古屋54:41
15清水46.353:4143564215新潟54:11
16甲府46.257:1145663316清水53:41
17湘南45.555:2145562717鳥栖53:30
18大分43.755:1548367018横浜M52:20


とりあえず、マリノスのAPTの短さには納得
俊輔がセットプレーに時間かけてる以前にセットプレーの機会がダントツで多い
時間も回数も多ければそりゃAPTは短くなる

逆に柏はファアル数もセットプレーの数も多く、普通ならAPTの時間も短くなるはずだが意外にもそうではない
理由はわからないがセットプレーに時間をかけてないのか?という疑問が浮かび上がる




試合のクオリティ向上のためにJリーグがAPTのデータを公表しているが
APTが長ければ良いのかという良し悪しをここで議論するつもりはない

しかし、Jリーグの公式サイトでは
”異議行為や遅延行為など、お客様の観戦時間を空費しかねない行為を減らしていくことで、
アクチュアルプレーイングの増加を目指します。”

と書かれており、その目的がAPTの公表で解決するのかは少し疑問

直接的に遅延や異議での警告をより明確に示すほうが良いように思えるし
ただただパスを回すだけやボールを奪いにいかないプレーを続ければ必然とAPTは長くなる

そういう試合が果たしてクオリティの高いゲームになるか?と言ったらまた別の話になってくる

マリノスのAPTが短い割には全くそう感じさせないのと同じだ


ただ、せっかくJリーグが公表してるデータなので観ている側から何か別の指標にならないかとは思う

そういう意味ではAPTやそれらに関するようなデータと比較してみて
このチームがどんなサッカーをするのか?などといった推測して試合を観るとまた変わってくるかもしれない



ちなみに我が甲府はボール支配率も低く、ファアル数も多い中でのこのAPTの長さ

守ってる時間は多いので必然とファアル数は多くなるがその一方でAPTが短いということは
相手がセットプレーに時間をかけていない→直接狙えるようなFKやCKをあまり与えなかったのではないか?
という推測が出来る



他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 

【2013年の総括】スタッツで見る3バックと4バックの違い(メモ)


前回に続いて今回はスタッツで見る3バックと4バックの違いです

※データ参考 サッカーをデータで楽しむ | Football LAB[フットボールラボ]

4バック時のスタッツ
シュート CK オフサイド FK 警告 退場 パス クロス ドリブル タックル クリア インターセプト 30m進入 支配率 APT
1 6 4 3 13 1 0 414 21 16 28 29 4 38 46.0 53:57
2 9 2 3 19 1 0 419 14 14 19 17 4 37 47.7 53:12
3 9 8 5 17 2 1 399 12 17 10 21 1 35 43.1 54:54
4 7 3 3 18 3 0 348 10 8 29 41 3 34 42.4 55:42
5 11 7 1 19 2 0 481 16 14 29 33 1 39 56.3 56:49
6 5 2 3 14 5 0 334 12 7 23 40 4 32 44.9 52:11
7 10 2 0 8 1 0 377 12 16 34 40 4 38 40.1 60:53
8 9 10 1 18 0 0 440 14 15 24 27 4 29 52.4 48:28
9 5 3 0 13 1 0 328 10 9 24 39 4 25 41.0 58:43
10 10 3 4 12 0 0 446 13 15 22 22 7 33 46.3 58:35
11 7 3 2 12 1 0 599 13 12 18 19 2 50 58.8 56:25
12 4 1 1 13 1 1 466 7 11 12 19 3 46 42.2 64:22
13 13 7 2 13 0 1 481 13 15 18 20 2 30 47.2 61:28
14 8 1 1 13 2 0 313 15 7 18 20 3 31 36.7 56:01
15 4 3 0 11 1 1 382 12 7 16 47 3 32 48.4 54:13
16 9 10 1 13 0 0 365 23 12 15 30 1 36 47.3 49:57
17 6 2 0 10 1 0 397 15 10 12 34 5 43 45.5 59:37
平均 7.8 4.2 1.8 13.9 1.3 0.2 411.1 13.6 12.1 20.6 29.3 3.2 35.8 46.3 56:12



3バック時のスタッツ
シュート CK オフサイド FK 警告 退場 パス クロス ドリブル タックル クリア インターセプト 30m進入 支配率 APT
18 12 6 5 9 2 0 481 19 13 18 17 3 43 51.3 59:14
19 12 6 1 20 0 0 356 8 17 18 27 5 45 43.9 60:00
20 6 3 4 12 0 0 335 8 8 14 23 1 31 45.3 49:58
21 9 8 3 14 4 0 436 19 12 19 14 1 39 46.8 56:54
22 11 5 0 11 1 0 387 17 11 16 28 5 38 49.4 54:32
23 9 2 0 8 4 0 339 10 9 15 32 1 33 39.5 61:33
24 6 3 0 16 0 0 457 7 8 17 25 2 30 48.2 61:43
25 8 5 1 14 4 0 376 7 15 21 26 1 26 44.5 59:33
26 10 2 2 17 1 0 420 13 16 22 15 6 36 41.2 59:45
27 9 3 4 19 0 0 499 23 13 21 20 2 44 51.1 56:41
28 8 2 2 14 0 0 435 17 9 19 18 6 31 40.8 61:44
29 7 1 0 16 3 0 394 9 9 21 24 6 23 40.6 58:16
30 7 2 1 20 2 0 415 11 15 20 31 1 32 46.2 59:55
31 8 2 3 9 3 0 455 10 16 25 31 0 34 46.0 60:40
32 6 2 2 15 1 0 540 13 11 27 20 5 41 55.3 58:19
33 12 7 3 27 2 0 409 10 14 21 25 4 47 45.3 53:47
34 8 3 0 20 1 0 444 16 15 14 41 1 48 48.0 56:16
平均 8.7 3.6 1.8 15.4 1.6 0 422.2 12.8 12.4 19.3 24.5 2.9 36.5 46.1 58:10

平均

シュート CK オフサイド FK 警告 退場 パス クロス ドリブル タックル クリア インターセプト 30m進入 支配率 APT
3 7.8 4.2 1.8 13.9 1.3 0.2 411.1 13.6 12.1 20.6 29.3 3.2 35.8 46.3 56:12
4 8.7 3.6 1.8 15.4 1.6 0 422.2 12.8 12.4 19.3 24.5 2.9 36.5 46.1 58:10

結論から言うと目立った違いはない

強いて言えばクリア数くらいだが、これは山本が最終ラインに入った影響だと思われる

3バックになってからは守備に割く時間が多かった印象があるし、もっと数字に変化が表れると予想してたし
それを期待してデータを整理したのだが以外にもなくて残念・・・w






次に相手チームのスタッツも整理してみた

相手チームのスタッツ/4バック甲府
シュート CK オフサイド FK 警告 退場 パス クロス ドリブル タックル クリア インターセプト 30m進入 支配率
1 12 5 2 21 1 0 505 15 9 19 23 2 46 54
2 16 3 3 12 3 0 419 14 14 19 17 4 37 52.3
3 9 1 0 16 4 0 542 17 6 19 12 0 47 56.9
4 16 7 2 13 1 0 621 22 13 13 33 0 52 57.6
5 8 5 1 20 1 0 385 13 9 26 43 5 27 43.7
6 8 6 2 19 2 0 505 22 4 23 14 1 46 55.1
7 23 3 0 18 1 0 666 19 25 28 18 6 59 59.9
8 10 12 5 23 0 0 369 12 9 29 48 4 34 47.6
9 5 10 1 8 2 0 549 20 20 16 12 1 41 59
10 10 7 0 14 1 0 557 19 13 33 24 2 52 53.7
11 13 5 2 21 0 1 338 9 11 16 29 5 30 41.2
12 15 4 4 10 2 0 681 17 19 17 10 8 45 57.8
13 9 3 1 7 2 0 554 12 15 20 22 4 43 52.8
14 13 9 1 13 2 0 598 21 185 13 14 2 54 63.3
15 18 11 2 12 0 0 459 16 14 16 29 1 51 51.6
16 2 0 2 16 0 0 430 14 11 16 37 4 34 52.7
17 18 5 2 15 1 0 536 20 9 17 30 2 48 54.5
平均 12.1 5.6 1.8 15.2 1.4 0.06 512.6 16.6 22.7 20 24.4 3 43.9 53.7


相手チームのスタッツ/3バック甲府
シュート CK オフサイド FK 警告 退場 パス クロス ドリブル タックル クリア インターセプト 30m進入 支配率
18 8 3 1 14 2 0 463 15 11 16 27 1 37 48.7
19 15 4 6 12 0 0 596 26 21 21 7 8 67 56.1
20 10 3 2 15 2 0 485 16 7 13 17 2 44 54.7
21 9 3 1 18 3 0 565 9 7 10 33 1 37 53.2
22 13 2 1 15 1 0 430 7 10 7 35 4 38 50.6
23 6 4 6 13 0 0 669 35 17 18 12 6 68 60.5
24 10 4 1 13 3 0 540 22 8 14 19 2 44 51.8
25 11 6 3 12 2 0 572 27 10 22 18 4 62 55.5
26 7 3 2 13 2 0 605 9 12 24 18 3 54 58.8
27 9 5 2 13 3 0 445 20 15 27 17 2 32 48.9
28 9 3 0 12 1 0 658 11 17 22 28 1 43 59.2
29 8 4 3 14 1 0 584 31 18 21 18 7 74 59.4
30 17 2 1 16 2 0 415 11 15 20 31 1 32 53.8
31 7 7 1 13 3 1 619 20 11 11 12 1 45 54
32 10 2 1 16 0 0 477 7 12 16 22 0 45 44.7
33 8 2 3 18 5 0 503 19 14 30 24 3 38 54.7
34 6 2 1 19 3 0 472 13 5 19 30 3 36 52
平均 9.6 3.5 2.1 14.5 1.9 0.06 535.2 17.5 12.4 18.3 21.6 2.9 46.8 53.9

平均

シュート CK オフサイド FK 警告 退場 パス クロス ドリブル タックル クリア インターセプト 30m進入 支配率
3 12.1 5.6 1.8 15.2 1.4 0.06 512.6 16.6 22.7 20 24.4 3 43.9 53.7
4 9.6 3.5 2.1 14.5 1.9 0.06 535.2 17.5 12.4 18.3 21.6 2.9 46.8 53.9


守備面においては相手スタッツの方がより違いがでるので分かりやすい


特徴的なのはシュートの数の減少、パスの増加、ドリブルの減少

おそらく、
シュートとドリブルの減少はアタッキングサードでの守備の堅さ、パスの増加は前線のプレスの減少
につながっていると予想できる

ただ、やはり大きな変化というのは少ない


観ている方としてはシステム変更は大きなギャンブルだと思ったし、最初はその判断に理解できなかったが
こうしてみるとシステムによって選手の配置は変わっても個々のプレーやチームとしての本質的な部分に
良い意味で変化はなかった


つまり、システムや選手の変更はあくまでも選択肢の1つであって

試合で出た課題を修正し、チームの最大値を模索しながら、相手チームの対策をする

城福監督が言う「ブレずに戦えた」「継続」という発言は
このサイクルをやり続けたことを言いたいのではないかと思われる


一見、どこのチームも当たり前にやっていることなのかもしれないが
この当たり前にやらなければいけないことを真摯に取り組むかどうかで
変わってくるのが今のJリーグなのかもしれない


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 

【2013年の総括】3バックの甲府はJ1最小失点の広島を上回る(メモ)


天皇杯はまだ残ってますがリーグ戦は終わりましたのでまた今年1年の総括をしていきたいと思います

昨年はまとめたものを何回か分けて総括してましたが
今年はメモ代わりになんか特徴のあるデータを発見したらちょくちょく投稿していく感じでやっていきます


では一発目、

今年の甲府を語る上で外せないのはまず守備

「守備だけは妥協しない」とシーズン中、何度も城福監督が発言していたが実際はどうだったか?

特に、3バックにシステムを変えてからどんな数字になっているのかをまとめてみた 


 
順位チーム勝点試合得点数得点率失点数失点率
1広島6334511.50290.85
2横浜M6234491.44310.91
3川崎6034651.91511.5
4C大阪5934531.56320.94
5鹿島5934601.76521.53
6浦和5834661.94561.65
7新潟5534481.41421.24
8F東京5434611.79471.38
9清水5034481.41571.68
104834561.65591.74
11名古屋4734471.38481.41
12鳥栖4634541.59631.85
13仙台4534411.21381.12
14大宮4534451.32481.41
15甲府3734300.88411.21
16湘南2534341.00621.82
17磐田2334401.18561.65
18大分1434310.91671.97

※甲府2317160.94140.82

※一番下のデータは3バック変更後のものです


年間通してのデータは

得点はJ1最小の30得点で得点率0.88
失点は上から5番目に少ない41失点で失点率は1.21

・では3バック変更後は(仙台戦~の17試合)

得点は16で得点率0.94
失点は14の失点率0.82


0.82という数字はJ1最小失点だった広島の失点率0.85を上回る数字

ホーム最終戦で「守備に関しては褒めてやってください」と言っていたことがこのことからもよく分かる


さらに3バックが山本、青山、佐々木の3人に固定されてからは(湘南戦~の13試合)

9失点で失点率は0.69

まさしく、終盤の甲府はJ1一堅い守備だったと言っても過言ではないだろう




もちろん、「その分攻撃を犠牲にしているんだろうな」という予測をしていたら
得点という一番分かりやすい数字であっさりと覆された

3バック変更前の甲府の得点は17試合で14得点
3バック変更後の甲府の得点は17試合で16得点


僅かな差ではあるがそれでも下回っていないことを考えれば
攻撃面で悪い影響があったとは断言できない


その点についてはまた別の機会で検証していきたいが
守備に関しては城福監督の言うように”もっと誇って良いのではないか”と思えるデータでした



他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 

前半戦の結果と343について


ちょっと遅くなりましたがとりあえず前半戦の結果をまとめました 
  

順位チーム試合勝ち点得点数シュート数決定率失点数被シュート数失点率得失点差支配率
合計1試合平均合計1試合平均
2011年
14浦和17183951420912.3 0.09 1918310.8 0.10 054.1
15新潟1718467161239.2 0.10 2121412.6 0.10 546.5
16甲府1717458191619.5 0.12 3119011.2 0.16 -1248.0
17山形1792312111237.2 0.09 281689.9 0.17 -1744.3
18福岡17822131318010.6 0.08 3521812.8 0.16 -2245.0
2013年
14甲府1714359141297.6 0.11 2720111.8 0.13 -1346.4
15鳥栖17143592621412.6 0.12 4017110.1 0.23 -1448.3
16磐田17132782219011.8 0.12 2719311.4 0.14 -551.8
17湘南17133410131639.6 0.08 3024014.1 0.12 -1744.4
18大分1781511171357.9 0.13 3123313.7 0.13 -1442.9

忌まわしき2011年との比較です 

残念ながら失点の項目しかデータ上勝ってるものがありません・・・ orz

さらにここではまとめませんでしたが前半戦を折り返しての成績は過去最低のようです・・・・

今年はボトム5が形成されそうで残留ラインの勝ち点が例年より下がりそうですが
この数字は危機感を抱かずにはいられないものです

3度の昇格の中で今回一番結果を出して開幕前から期待されただけにこの結果は非常に残念です 




出場試合出場時間得点アシスト(非公式)警告退場 MOM   (ガッピル) 採点  (ガッピル)
福田1714921



5.6
佐々木161440222
25.6
171426
2


5.9
土屋1513502
1
15.9
松橋141178
143
5.5
青山1311701
2
16.0
羽生161165
11

5.6
河田131137

1116.0
山本121019




5.7
平本158082
3
15.8
盛田7482




5.6
5393




5.6
水野9393
11

5.7
金子8384



15.6
井澤9362




5.4
パラナ5278




5.4
保坂8241




5.4
河本8166
11

5.3
伊東190




6.0
石原461




5.0
新井113





城福






5.5
(※データの確認は精査してませんので間違っている可能性有です&退団した選手は入れておりません)


最も出場時間が多かったのは右SBの福田
→代えの効かないSBだけに妥当ですね

最も平均採点が高かったのは河田と青山
→普通、攻撃の選手の方が高くなる傾向にあるんだけどなあ・・・




・343(3421)について
まず本格的にシステム変更をするかどうかは分かりませんが
ここ近年では試したことがないシステムだけにどのような布陣になるのか注目されます

その中でここ2試合の練習試合で徐々に骨格が見えてきましたので
僕の予想含めて軽く触っておきたいと思います

2013kofu343.jpg 
怪我人などの兼ね合いで悩まれるポジションもありますがこんな感じでしょうか?


まず、注目されるのが柏と水野の右サイド

柏のドリブル、水野のクロスはこのチームの数少ない崩しの選択肢でしたが
442ではどちらかが左サイドに回らなければならず、共存が難しかった

ただ、この343では彼ら2人が得意の右サイドでプレーできる可能性が高く、
新加入のパトリックの特徴と合わせて、システム変更がもたらす最大のメリットになると考えられます

もちろん、柏、水野とも442のサイドとはプレーエリアが変わってくるので懸念がないわけではないですが
攻撃のストロングポイントにおいては上手く噛み合えば、非常に期待のもてる右サイドになれるでしょう


逆に懸念があるのはCB
怪我人や選手層も含めて層の薄さと3バック自体の経験の少なさが気になります

ベテランが多いポジションでなおかつ、警告などで出場停止も多いポジション
今まで2枚でよかったポジションを3枚にするという事は必然と駒の枚数が必要です

さらに一般的に343というシステムにおいて、特に横のCBは4バックでのCBのプレー以外にも
時にはSBのようにプレーする必要があり、これまで以上に難しくなる事もあります

前半戦の結果を見てもこのチームは攻撃に課題を抱えているチームであり
44のラインを作った守備ブロックはある程度計算が立ってきました

このシステム変更でそれを大きく変えることはかなりのリスクがあるはずで
それを考えた上でも343を導入するということならば相当な覚悟と危機感が感じられます


実際に見てみないとなんとも言えないのが確かであり、これ以上は言及はしませんが少ない練習で
これをモノにするのは容易でないことは3バックを導入した各チームによって証明されています


また、343については試合を観てから詳しく書ければと思っています

 
ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 

【開幕まであと12日】ガッピル選手名鑑2013(4)

ぞくぞく各雑誌の選手名鑑が発売されていますが対抗して僕も選手名鑑を作ってみました。
(クオリティは保証できません)

part4でーす。

gappir_sensyu_meikan2013-07.jpggappir_sensyu_meikan2013-08.jpg





ちなみに僕が毎年購入している選手名鑑は週刊サッカーダイジェストさんのところです。
明確な理由はとくにないですがいつもこれ買ってます。

J1&J2選手名鑑 2013 (NSK MOOK)
J1&J2選手名鑑 2013 (NSK MOOK)週刊サッカーダイジェスト

日本スポーツ企画出版社 2013-02-14
売り上げランキング : 77










画像が見れない方ように文字を下に置いときました。

ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ